louis vuittonグラフィット効果_ルイヴィトンダミエグラフィット二つ折り財布_louis vuittonグラフィットランキング_買ってlouis vuittonグラフィット何を買ったらいい chair


2015-01-24 19:11    louis vuittonグラフィット
 ということにしてしまうようにしていたのだ。母だって、養父の怒りが怖いから彼に合わせてうるさく勉強勉強と言っているが、本当は私がしたいことをするほうが幸せになると思ってくれているはずだ、と勝手に信じていた。養父とは母についている憑《つ》きもののようなものであり、御祓《おはら》いしさえすれば母は目が覚めると、おめでたい私はその後もずっとそう思い込んでいたのであった。  公立の中学には入学試験はなかったが、クラスわけのための簡単な試験があった。私は、百五十人強いる女子で十四位という順位を取り、けっこう嬉しかった。さんざん、中学に行ったらお前程度の子なんて掃いて捨てるほどいると言われていたので、やれやれ、これで一応養父のご機嫌は取れたと思ったのだ。ところが、彼は、私の順位を聞くと火のついた様に怒りだした。 「何だその順位は。そんなひどい順位を取りやがって、教員たちからもすっかり馬鹿だと思われてるぞお前は!」  私はうろたえ、母を見た。なんと、母は黙ってこそいたが、その顔には、 「そうよ、当然よ。静子さん、あんたはそんな順位を取ってあたしを悲しませようというの?」  という表情が浮かんでいた。私は、心底困ってしまった。いくつかの小学校の子たちが集まってきてるとしたら、そんなに悪い順位じゃないはずなんだけど、と頭の中で、必死に計算した。 「中間試験の時は、五位以内にすること!」  養父にそう言い渡され、むちゃくちゃを言ってる、と思った。何の根拠があってこんなことを言われるのか分からなかった。しかし、中間試験で、私はどうせ大した順位は取れないに決まっているし、時間をかければ諦めるかもしれないと思った。  ところが中間試験の発表を見たら、私は学年で五位だった。嬉しくはあったが、「なんだか、えらいことになってしまった」という気がした。案の定、うちでは誰も褒めてくれないだけでなく、 「ほれ見ろ。お前はやれば出来ることを最初にやらなかった。勉強を舐めやがって、どういうつもりだったのか!」  と逆に叱られたのだった。母も、怒り狂う養父の横でそうよそうよという顔をしている。まぐれで取った順位でこんなふうに言われては堪《たま》らないと私はうんざりしたが、その裏で、まあ、母が喜ぶのならやれるだけのことはやろうかとも思った。  次の期末試験は学年で三位だった。ゲームを制していくような快感はあったが、やはり褒めてはもらえなかった。褒めると私がつけあがると思っていたのか、本気で当然と考えていたのか、それが二位になり、一位になっても同じだった。いい成績をとっても母は、やれやれ、今回もお父様のお怒りが爆発しなくて済んだわという顔をするだけだった。私は解せなかった。そんなにまでして養父に合わせなければいけないのか。もしかしたら母は人が変わってしまったのではないかしら。  逆に順位が下がると酷い目にあわされた。口汚くののしられ、殴られることもあった。私は定期的に偏頭痛におそわれるようになった。ひなたに出ると痛むのだ。頭は重く、何も考えられなくなった。病院に行ったが、総合病院では十六歳前だと言って小児科にまわされるのが不満だった。小児科で何がわかるのだ、という気がした。  母は「お父様の会社のお薬」をもったいなくも子どもの私にも授けようとするのだが、私は、養父の会社の薬が大嫌いであった。  小学校の頃から私は腸が弱くて、食中《しよくあた》りでもないのにしょっちゅう下痢していた。かと思うと、原因のわからない腹痛で、動くことさえ出来なくなることもあった。最初は「お父様のお薬」でおさまっていたが、だんだんそれも効かなくなっていった。  養父は、効き目の強い薬に替えても替えても治らない私に苛立ち、