收藏

prada財布1m0506編集

[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】
__null00
[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】 
PRADA(プラダ)1M0506 SAFFIANO COLOR NERO ラウンドファスナー長財布
__null00
PRADA(プラダ)1M0506 SAFFIANO COLOR NERO ラウンドファスナー長財布 
 離婚を宣告する。  それだけのことならたやすい。  だが慎平自身、こうやって亜希子を抱いていると、この美しい牝獣のような亜希子を手放したくはないと、ますます未練が湧いてきて、なかなか言いだしかねるのだった。  離婚する。  亜希子は、独立する。  その状況になってもなお、二人の心は結ばれているかどうか。  それを考えると、慎平は辛(つら)い。切ないのだった。むかしも愛していたし、今も愛している。これからだって……しかし自分は亜希子に心の絆(きずな)をつないでいても、亜希子は自分の心情をわかってはくれないだろう。  いや、それどころか、自由の身になった亜希子は、色々な男に誘惑されるのではあるまいか。いやそれどころか、偽装離婚自体に疑いをもたれて、禿鷹のような取立屋どもに襲われ、亜希子の身は危険な状況におかれたりするのではないか。  慎平として一番困るのは、真実を亜希子に告白できないことであった。二人の資産を保全し、あわせて将来のきみとの再出発と、ゆたかな生活を築くために、ほんのわずかの間、形式的に離婚するだけだと、真実を告白したら、この野心的な企て自体が、成立しなくなる。  なぜなら、亜希子がもし真実を知っていると、禿鷹のような経済調査機関の人間に押しかけられ、厳しく問いつめられたら、ぼろをだしてしまうに違いなかった。  いや、発覚するしないに拘(かか)わらず、夫婦の間で共同謀議がこらされた上での「一時離婚」なら、「偽装」であり、「詐害行為」となる。  しかし、二人の間でその謀議の事実がなければ、「偽装」ではない。正真正銘の「協議離婚」とみなされる。  だから、亜希子には教えられはしないのだ。  彼女は本当に、夫に裏切られて悲嘆にくれる女になりきらねばならない——。  だがそうなると、その弱味につけこんで、男たちが亜希子に群がってくるに違いない。  それを考えると、心が猛るのだった。  修羅と化すのであった。  慎平は悶々とする。今、抱いている亜希子が他の男に抱かれている姿を想像するだけで、脳を白く灼かれる。
表示ラベル: